名人戦

1/10(火) 伊藤匠 船江恒平 順位戦 C1 10時~速報 〇伊藤五段 8-0

形勢速報 1/10(火) 10時~

 順位戦 C級1組 9回戦、伊藤匠五段と船江恒平六段の対局です。
 ここまで7-0で首位を独走する伊藤五段、このまま優勝すればプロ入り2年連続の1期抜けとなるとともに、六段に昇段します。開幕順位が低いので、1敗すると大きく落ちますが、残り3局、勝ち続けるでしょうか。
 船江六段は、ここまで3-4、指し分けまであと2勝です。

速報ニュース (1手毎の形勢はこの下)

 伊藤五段が勝って8-0、船江六段が敗れて3-5となりました。

各対局 即時更新

昇級3名1/102/73/7
30伊藤匠五段8-0
船江
千葉
阪口
3石井健太郎六段7-1
出口
古森
高橋
11都成竜馬七段7-1
野月

先崎
渡辺
17青嶋未来六段7-1
宮本

黒田
飯塚
28渡辺和史五段7-1
村田
高橋
都成

順位戦 B級・C級は、
・持ち時間:6時間 チェスクロック
      残り0:00から1分将棋
・開始:10時
・昼食休憩:12:00-12:40
・夕食休憩:18:00-18:40
・終局見込み:21時から24時辺り

評価値を勝率%に変換しています
△後手▲先手
勝x手勝勢17%優勢30%有利42%互角58%有利70%優勢83%勝勢勝x手

後手△船江六段 先手▲伊藤五段
この下 形勢エリア 自動更新 終了

伊藤五段、おめでとうございます
船江六段、お疲れさまでした
△投了 21:18
89手 99% ▲2打 0:53

後手△船江六段      先手▲伊藤五段

88手 99% △2打
87手 99% ▲成桂突 0:56
86手 98% △玉左 4/1:19
85手 96% ▲成桂突
84手 96% △玉左
83手 96% ▲金打 0:57
82手 95% △桂払 2
81手 94% ▲桂成 0:58
80手 94% △銀上 19/1:25
79手 90% ▲桂打 5/0:59
78手 89% △同金 4/1:44 ai65歩

後手△船江六段      先手▲伊藤五段

77手 72% ▲5底 2
76手 75% △6突 2
75手 74% ▲桂跳 9/1:06
74手 74% △桂成 2
73手 73% ▲左桂 3
72手 74% △3打 8/1:52
71手 73% ▲7筋 4/1:18
70手 73% △桂跳 53/2:00
69手 72% ▲桂払 5/1:22
68手 73% △金寄 7/2:53
67手 73% ▲角打 57/1:27 ai21龍

 夕食休憩

66手 78% △銀引 2
65手 78% ▲玉左
64手 77% △金打 ai42金打
 寄せ合いで先手が速い

後手△船江六段      先手▲伊藤五段

63手 63% ▲玉左
62手 62% △角打 3
61手 62% ▲同龍 6/2:25
60手 62% △3底 16/3:06 ai49角打
59手 55% ▲龍上 2
58手 55% △同飛
57手 54% ▲角交換 2
56手 54% △飛下 2
55手 54% ▲角打 7/2:35 ai68金
54手 63% △飛5 6/3:23
53手 60% ▲龍下 5/2:42
52手 60% △銀直
51手 59% ▲飛成
50手 59% △同飛 11/3:30
49手 59% ▲金寄
48手 59% △同金
47手 59% ▲2成 21/2:48
46手 59% △1筋 4
45手 58% ▲2払 4
44手 58% △金直 20/3:46 ai22銀
 先手は右側攻略のチャンス

後手△船江六段      先手▲伊藤五段

43手 55% ▲中住 64/3:13
42手 57% △2打 6/4:06
41手 53% ▲2筋 1
40手 53% △中住 4
39手 53% ▲2位 3
38手 53% △銀直 4
37手 52% ▲金出 4
36手 54% △飛8 3
35手 54% ▲2打 10/4:25
34手 54% △飛2 6/4:22
33手 55% ▲飛2 1
32手 57% △角上 41/4:28
31手 55% ▲2払 1
30手 54% △飛中
29手 53% ▲7謝 14/4:38
28手 55% △横歩 30/5:09

 昼食休憩

27手 55% ▲8謝 25/4:52
 珍しい形でも最善手対応する伊藤五段。
 船江六段には76飛から中央攻撃する手順と
 84飛から8筋突破を狙う手順がある模様

後手△船江六段      先手▲伊藤五段

26手 55% △右桂 6/5:40
25手 55% ▲金上 24/5:17
 24分考えて最善手。
 ▲藤井△三浦戦は、▲56歩でした。
24手 55% △7筋 5/5:46
23手 54% ▲飛5
 2年前の朝日杯 ▲藤井竜王 △三浦九段と
 同一手順です。伊藤五段は研究済みでした。
22手 54% △飛叩
21手 54% ▲飛引 2
20手 54% △角打
19手 54% ▲同銀
18手 54% △角交換 3
17手 52% ▲飛2 13/5:44
 序盤研究で跳び抜けている伊藤五段ですが、
 この形は初めてでしょうか?
16手 54% △玉左 2
 船江六段が誘った横歩取りですが、
 △3三角でも△3三桂でも勇気流でもない
 玉寄。船江六段の新手かと思ったら、
 三浦九段の得意戦法の模様。
15手 52% ▲横歩
 横歩取り
14手 52% △同飛
13手 52% ▲同歩
12手 52% △8突
11手 52% ▲同飛
10手 52% △同歩
9手 52% ▲2突
8手 52% △金上
7手 52% ▲金上
6手 52% △飛先
5手 52% ▲飛先
4手 52% △飛先
3手 52% ▲角道
2手 52% △角道
1手 51% ▲飛先

タイトルとURLをコピーしました