棋王戦

11/5(土) 棋王戦 挑決 羽生善治九段 伊藤匠五段 〇羽生九段 決勝進出

形勢速報 11/5(土) 10時~

 棋王戦 挑戦者決定トーナメント 準決勝、羽生善治九段と伊藤匠五段の対局です。さあ準決勝の第2局です。準決勝からは1敗しても挑戦者へのチャンスが残る敗者復活制。勝者はあと2勝で挑戦者、敗者もその後4連勝すれば挑戦者です。羽生九段は棋王13期、得意の4時間マッチを制して、一昨年の竜王戦以来のタイトル戦へと進むでしょうか。羽生九段は今期16勝8敗ですが、持ち時間4時間に限ると11戦全勝です。伊藤五段は2回目の棋王戦でベスト4まで上がってきました。羽生九段とはこれが初手合い。王位リーグでは紅組の伊藤五段、白組の羽生九段で当たりませんでした。新旧対決はどちらが次のステージへと進むでしょうか。
 羽生九段が勝って決勝進出を決めました。伊藤五段は敗者復活戦に回ります。

棋王戦 挑戦者決定トーナメントは、
・持ち時間:4時間
・開始:10時
・昼食休憩:12:00-12:40
・終局見込み:18時から20時辺り

後手△羽生九段 先手▲伊藤五段
この下 形勢エリア 自動更新 終了

羽生九段、おめでとうございます
伊藤五段、お疲れさまでした
▲投了 19:34
98手 △勝6手 △銀上

後手△羽生九段      先手▲伊藤五段

97手 △勝7手 ▲同玉
96手 △勝8手 △7突
95手 △勝9手 ▲玉上
94手 △勝10手 △角打 0:02
93手 △勝11手 ▲玉左 0:01
92手 △勝12手 △同飛
91手 △勝13手 ▲歩合 0:08
90手 △勝14手 △飛7
89手 △勝15手 ▲玉左
88手 △勝16手 △馬寄 0:03
87手 △勝17手 ▲飛成 0:10 AI:56銀打
86手 9% △馬引 0:07
85手 11% ▲同玉 0:16
84手 12% △銀突
83手 12% ▲同金
82手 13% △桂成
81手 13% ▲玉上
80手 13% △桂跳 19/0:08
79手 13% ▲と寄
 勝率差は大きいですが、
 寄せの速度差は僅かかもしれません。
 1手大逆転のパターン。
 棋士が感じるのは速度差だと思うので
 緊迫の寄せ合いなのでは。
 AIが速度差出してくれたら分かり易そう。
78手 12% △銀出 4/0:27
77手 13% ▲と寄 12/0:18 AI:82金打
76手 40% △銀打 5/0:31 AI:76桂
75手 31% ▲金寄 AI:33と
 寄せ合いで後手が速い
 持ち時間4時間なら今期11戦全勝の羽生九段

後手△羽生九段      先手▲伊藤五段

74手 50% △角成 0:36
73手 46% ▲玉左 17/0:30
72手 45% △角打 0:37
71手 45% ▲金払
70手 45% △玉右 0:38
69手 44% ▲と引 0:47 AI:42銀打
 !
68手 61% △香打 0:40
67手 61% ▲桂跳
66手 61% △玉右 0:41
65手 60% ▲飛打
64手 60% △同金
63手 60% ▲角成 16/0:48 AI:65角
62手 78% △桂打 13/0:43 AI:32金
 伊藤五段は寄せるチャンス

後手△羽生九段      先手▲伊藤五段

61手 70% ▲と寄 3/1:04 AI:12と
60手 72% △3成 AI:64香打
 慎重に攻める伊藤五段
 ガンガン攻める羽生九段

59手 68% ▲と払 1
58手 67% △同金
57手 66% ▲香成
56手 66% △2成
55手 66% ▲香打
54手 66% △2突 3 AI:24銀
53手 57% ▲香払
52手 57% △飛引 15/0:59
51手 57% ▲桂打 1 AI:23角成
 攻め合いにブレーキがかかって
 ゆっくりした展開に
 一気に行かないところが伊藤流
50手 70% △飛3 6/1:14
49手 71% ▲角打 5/1:09
48手 71% △桂打
47手 70% ▲2成
46手 69% △桂払 25/1:20
45手 69% ▲2叩 115/1:14
 大長考で最善手。普段慎重な伊藤五段は、
 こういう局面で安全手を指すことが多い
 のですが、強く踏み込む決断の一着。
44手 69% △飛打 2/1:45 AI:33桂
 互いに右側攻略できますが、先手が速い

後手△羽生九段      先手▲伊藤五段

43手 63% ▲桂跳 3
42手 63% △同飛 3 AI:66飛
 37手の仕掛けで
 伊藤五段が成功したでしょうか

41手 52% ▲飛角交換 5/3:12
40手 53% △飛6 5/1:50 AI:37歩成
 やはり△37歩成は難解だったでしょうか
39手 46% ▲角打 2/3:17 AI:25桂
 これは事前研究ではなく、33手長考で
 ひねり出した手だと思うのですが。
38手 50% △同銀 62/1:55
 62分考えて、対応策を見出したでしょうか

 ここで長考する羽生九段
 △同銀に▲66角打は、△37歩成が厳しいと
 AIは言っていますが、難解かもしれません
37手 50% ▲2叩 1 AI:25桂
 やはり32手でシナリオ外れたのでは
36手 53% △飛浮
35手 53% ▲左桂
34手 53% △3叩 2
33手 53% ▲飛5 35/3:20

 昼食休憩
 ここまで5分の伊藤五段が長考。羽生九段の
 シナリオ外しが決まったでしょうか

32手 53% △飛叩 28/2:59
 28分考えた羽生九段、最善手狙いではなく、
 シナリオ外しに出た模様

後手△羽生九段      先手▲伊藤五段

31手 50% ▲飛2 2/3:55
 伊藤五段の事前研究シナリオに、
 羽生九段が考え中

30手 50% △角打
29手 50% ▲飛浮
28手 50% △玉左
27手 48% ▲飛3
26手 48% △同銀
25手 48% ▲角交換
24手 48% △3突 7/3:27
 意外な展開でも最善手継続中の羽生九段
23手 48% ▲角道
22手 48% △飛中
21手 48% ▲8謝
20手 48% △3突 5/3:34
19手 48% ▲同飛
18手 48% △同歩 3
17手 48% ▲2突
16手 48% △角道 15/3:42
 15分考えて最善手の羽生九段
15手 48% ▲右桂 2
 ここで桂上がりは珍しい手、
 伊藤五段の今日のシナリオでしょうか。
14手 51% △同飛
13手 51% ▲同歩
12手 51% △8突 1
11手 51% ▲3筋
10手 51% △1筋 1
9手 51% ▲9筋 1
 ここまで最近の相掛かり標準手順
8手 51% △銀直 1
7手 51% ▲銀直
6手 51% △金上
 相掛かりを了承した羽生九段
5手 51% ▲金上
 相掛かりに誘った伊藤五段
4手 51% △飛先
3手 51% ▲飛先
2手 51% △飛先
 横歩取りに誘わず、
 戦型を伊藤五段に委ねた羽生九段
1手 51% ▲飛先