竜王戦

10/21(金) 22(土) 竜王戦 第2局 藤井聡太竜王 広瀬章人八段 〇藤井竜王 1-1のタイに

形勢速報 10/21(金) 22(土) 9時~

 竜王戦 7番勝負 第2局、藤井聡太竜王と広瀬章人八段の対局です。第1局はシナリオが決まった広瀬八段の勝利。藤井竜王は最後まで広瀬シナリオを解読できず、終盤は勝負形に持ち込もうと粘り続けますが、逆転筋を見つけられずに敗れました。永瀬王座との棋聖戦・豊島九段との王位戦と同じ出だしとなりました。普段は相手の作戦を受けて立つ藤井竜王ですが、棋聖戦・王位戦の第2局では相手シナリオを防ぐ為に、自ら積極的に形を主導して行きました。藤井竜王が先手となるこの竜王戦 第2局でも、積極的に主導するでしょうか。これまでの流れからすると角換わりの可能性が高いですが、後手の広瀬八段が横歩取り等に誘うでしょうか。注目の第2局です。
 藤井竜王が勝って1-1のタイにしました。
 角換わりで始まった本局は、後手の広瀬八段が再びシナリオをぶつけます。
 またも解読に苦労する藤井竜王でしたが、2日目の朝、シナリオ外しに成功します。
 ここで難解局面の読み合い勝負となります。
 こうなると抜群の強さを発揮する藤井竜王、みるみる優勢を築き、夕方、正確に寄せ切りました。
 広瀬八段は、もう少しシナリオを充実させれば、勝てるチャンスがありそうでした。

竜王戦 7番勝負
藤井聡太
竜王
広瀬章人
八段
第1局
10/7(金)
10/8(土)
角換わり 107手
広瀬シナリオ
炸裂
渋谷区
セルリアン
タワー能楽堂
第2局
10/21(金)
10/22(土)
角換わり 105手
広瀬シナリオを
外した藤井竜王
京都府
京都市
仁和寺
第3局
10/28(金)
10/29(土)
相掛かり 112手
広瀬シナリオを
外した藤井竜王
富士宮市
割烹旅館
たちばな
第4局
11/8(火)
11/9(水)
角換わり 95手
福知山市
福知山城
天守閣
第5局
11/25(金)
11/26(土)
相掛かり 133手
福岡県福津市
宮地嶽神社
貴賓室
第6局
12/2(金)
12/3(土)
角換わり 113手
鹿児島県
指宿市
指宿白水館
第7局
12/14(水)
12/15(木)
甲府市
常磐
ホテル
先手後手
1棋聖戦3-1渡辺棋聖
2王位戦4-0木村王位
3棋聖戦3-0渡辺名人
4王位戦4-1豊島竜王
5叡王戦3-2豊島叡王
6竜王戦4-0豊島竜王
7王将戦4-0渡辺王将
8叡王戦3-0出口六段
9棋聖戦3-1永瀬王座
10王位戦4-1豊島九段
11竜王戦?-?広瀬八段

竜王戦 7番勝負は、
・持ち時間 8時間 2日制
・開始:9:00
・昼食休憩:12:30-13:30
・1日目 18時過ぎたら封じ手
・終局見込み:2日目 夕方-20時頃

評価値を勝率%に変換しています
△後手▲先手
勝x手勝勢17%優勢30%有利42%互角58%有利70%優勢83%勝勢勝x手

2日目
後手△広瀬八段 先手▲藤井竜王
この下 形勢エリア 自動更新 終了

藤井竜王、おめでとうございます
広瀬八段、お疲れさまでした
△投了 16:21
105手 99% ▲銀打

後手△広瀬八段      先手▲藤井竜王

104手 99% △歩合
103手 99% ▲角打 4/1:06
102手 99% △銀打
101手 99% ▲同飛 2/1:10
100手 99% △同金 1/1:38
99手 96% ▲桂打 1
98手 95% △玉左
97手 95% ▲玉叩
96手 95% △同玉
95手 95% ▲同歩成
94手 95% △同銀 18/1:39
93手 95% ▲銀打 15/1:13
 15分考えて、寄せに入った藤井竜王
92手 95% △角打 7/1:57 AI:57銀打
 先手はここで受けを手抜いて
 寄せる手順があります。
 慎重な藤井竜王は39飛と受けるでしょうか

後手△広瀬八段      先手▲藤井竜王

91手 80% ▲同飛 7/1:28
90手 80% △飛叩
89手 79% ▲同飛 3
88手 79% △飛叩 1
87手 78% ▲玉左 6/1:38
86手 78% △桂打 2
 攻め続ける広瀬八段
 攻めが切れると寄せられそうです
85手 77% ▲同玉
84手 76% △銀直
83手 75% ▲同飛 5/1:44
82手 74% △飛叩 27/2:07
81手 73% ▲金寄 2
80手 73% △同銀 5/2:34
79手 72% ▲同銀 6/1:51
78手 72% △角交換 1
77手 72% ▲同金 18/1:57
76手 71% △角支
75手 70% ▲飛3 2
74手 70% △角打 9/2:40 AI:66歩打
 寄せ合いで、先手がかなり速い。
 難解局面の読み合い勝負だと
 抜群の力を発揮する藤井竜王。

後手△広瀬八段      先手▲藤井竜王

73手 55% ▲8辛 3/2:17 AI:45角
72手 60% △飛出 28/2:49 AI:31桂打
 寄せ合いで先手が速い

 昼食休憩

71手 56% ▲金直 3
 飛車の働きの差で先手が指しやすそうです。
 藤井竜王の59手8垂は勝率を下げましたが、
 こうしてみると相当な牽制になっています。
 広瀬八段はシナリオに先手飛車を弱める
 △37桂打が入っていなかったのが残念。

70手 56% △銀打 26/3:17
69手 56% ▲角打
68手 56% △同金 1 AI:23金
67手 52% ▲3突 1
66手 52% △4成 4/3:44 AI:84飛
65手 48% ▲銀出 33/2:24
 藤井竜王のこのリスクを取った積極策が
 この後の流れを変えるかもしれません。
 これで今後藤井優位となったなら、
 AI最善手でなく、渡辺名人みたいに主導権を
 取るための指し回しがうまいということに。

64手 48% △銀上 3
63手 47% ▲3突 5/2:57
62手 47% △金寄 3
 攻め合いで、速度も拮抗
61手 47% ▲4叩 12/3:02
60手 47% △4筋 59/3:54 AI:37桂打
 広瀬シナリオを外れた模様。であれば、
 お互い未知の難解局面での読み合い勝負に
59手 41% ▲8垂 9/3:14 AI:44歩打
 攻め合いで後手が速そうです
 藤井竜王は、まだ解読できていない模様
 しかしこれでシナリオを外せるでしょうか

後手△広瀬八段      先手▲藤井竜王

58手 48% △8突 14/4:53
57手 48% ▲銀引 4/3:23 AI:65銀
 これも意外な手
56手 54% △桂払 32/5:07 AI:86歩
 意外な手

 1日目は角換わりから、後手の広瀬八段が
 再びシナリオをぶつけてきました。
 藤井竜王は解読に苦労しながらも、
 夕方にシナリオ外しを試みました。
 外せたかどうか分からない状況で
 1日目が終わりました。

1日目
後手△広瀬八段 先手▲藤井竜王
この下 形勢エリア 自動更新 終了

▶広瀬八段が56手目を封じ手に

55手 47% ▲銀出 31/3:27
 攻め合いを続ける藤井竜王

54手 47% △8継 77/5:39
 77分考えてAI最善手、
 或いは考えたフリでシナリオ通り?
53手 47% ▲銀打 87/3:58 AI:66歩 66角打
 87分考えて、
 広瀬シナリオ外しを試みる藤井竜王

後手△広瀬八段      先手▲藤井竜王

52手 49% △桂跳 6:56
 対する先手は▲66歩 ▲66角打どちらでも
 後手の反撃が有効そうに見えます。

51手 48% ▲同歩
50手 49% △8突 2
49手 49% ▲同銀
48手 49% △同銀 13/6:58
47手 49% ▲銀突
 攻め合いは後手の先手玉頭攻撃の方が
 威力があるように感じられます
46手 49% △同歩 1
45手 49% ▲2突 34/5:25
 34分考えて攻撃継続する藤井竜王

 昼食休憩
 第1局に続いて第2局も広瀬シナリオ
 藤井竜王は今度こそ解読して
 主導権を握れるでしょうか

44手 49% △桂叩 1
 シナリオで最善手を指し続ける広瀬八段
 読む力で最善手を指し続ける藤井竜王

43手 49% ▲銀出 20/5:59
42手 49% △金寄 23/7:13
 23分考えて普通に金寄
 第1局でも、恐らく知っている局面で
 そこそこ時間を使っていた広瀬八段
 シナリオ外れたタイミング隠しでしょうか
41手 49% ▲同桂 3
40手 49% △同歩 3
39手 49% ▲4突 59/6:22
 59分考えて仕掛けた藤井竜王
 広瀬シナリオを解読できたのでしょうか

後手△広瀬八段      先手▲藤井竜王

38手 51% △玉左 9/7:39
 ここで藤井竜王が長考
 先手は桂跳から2筋突破のチャンスがあるが
 後手も先手陣右辺攻略が可能であり
 攻め合いでどちらが有利か難しい判断

37手 52% ▲腰掛銀 15/7:21
 15分考えて、相腰掛銀に
36手 52% △9筋
 広瀬シナリオの気配に考え中の藤井竜王

35手 51% ▲1筋 3
34手 51% △1筋 2
33手 52% ▲9筋
32手 52% △飛下段 2
31手 51% ▲飛下 2
30手 52% △玉左
29手 51% ▲金直
28手 52% △金直
27手 52% ▲銀直
26手 52% △4筋 1
25手 52% ▲右桂 3
24手 53% △腰掛銀
23手 52% ▲3筋 1
22手 52% △銀直
21手 52% ▲玉左 1
20手 52% △右桂 1
19手 51% ▲4筋 3
18手 52% △6筋 1
 33金なのに腰掛銀調、前例見あたらず
 大舞台18手で前例無しは、相当な研究手
17手 52% ▲銀上 9/7:49
16手 52% △7筋
15手 52% ▲金上
14手 53% △銀上
13手 52% ▲矢倉銀
12手 52% △同金
 銀の代わりに金
11手 52% ▲角交換 2
 角換わり
 但し先手一手損みたいな感じに
10手 52% △角上 1
 広瀬八段がひねってきました
 いくつか前例がありますが、
 大舞台では初めてでしょうか
9手 51% ▲銀上
 ここまで角換わり標準手順
8手 51% △角道 2
7手 51% ▲角上
6手 51% △金上 1
 角換わり了承
5手 51% ▲角道
 角換わりの誘い
4手 51% △飛先
3手 51% ▲飛先
2手 51% △飛先 1
1手 51% ▲飛先

タイトルとURLをコピーしました