棋王戦

10/17(月) 棋王戦 挑決 藤井聡太竜王 豊島将之九段 〇藤井竜王 準決勝進出

形勢速報 10/17(月) 10時~

 棋王戦 挑戦者決定トーナメント 準々決勝、藤井聡太竜王と豊島将之九段の対局です。さあいよいよ準々決勝の最後の1枠、勝者は敗者復活があるベスト4、敗者は今期の棋王戦が終わります。この二人には決勝で当たって欲しかったのですが、仕方がありません。ここ2年の二人の対戦成績は、藤井竜王の17勝5敗でトリプルスコア。しかし、持ち時間4時間以下の対局に限ると5勝3敗。時間が長いと藤井竜王が圧倒的に有利ですが、4時間以下なら豊島九段にもチャンスが出てきます。初めてのベスト4に挑む藤井竜王、2度目のベスト4に挑む豊島九段、どちらが次のステージへと駒を進めるでしょうか。
 藤井竜王が勝って、自身初となる準決勝進出を決めました。ここからは2敗するまで挑戦者となるチャンスが残ります。豊島九段の今期の棋王戦は終わりました。来期はA級シードで挑戦者決定トーナメントから登場です。

挑戦者決定2番勝負
佐藤天彦九段 0-2 藤井聡太竜王
佐藤天彦九段藤井竜王
天彦九段羽生九段藤井竜王
佐藤天彦九段藤井聡太竜王羽生善治九段伊藤 匠五段藤井聡太竜王伊藤 匠五段羽生善治九段
左辺 準決勝
佐藤天彦九段藤井聡太竜王
天彦九段糸谷八段藤井竜王豊島九段
天彦大橋糸谷藤井久保阿久津
千田主税
郷田真隆九段高野智史六段佐藤天彦九段木村一基九段大橋貴洸六段横山泰明七段千田翔太七段糸谷哲郎八段藤井聡太竜王中川大輔八段山崎隆之八段久保利明九段里見香奈五冠阿久津主税八段屋敷伸之九段豊島将之九段

棋王戦 挑戦者決定トーナメントは、
・持ち時間:4時間
・開始:10時
・昼食休憩:12:00-12:40
・終局見込み:18時から20時辺り

評価値を勝率%に変換しています
△後手▲先手
勝x手勝勢17%優勢30%有利42%互角58%有利70%優勢83%勝勢勝x手

後手△豊島九段 先手▲藤井竜王
この下 形勢エリア 自動更新 終了

藤井竜王、おめでとうございます
豊島九段、お疲れさまでした
△投了 19:28
107手 92% ▲同歩

後手△豊島九段      先手▲藤井竜王

106手 91% △同銀 0:02
105手 90% ▲香打
104手 91% △金寄
103手 88% ▲3叩 0:19
102手 88% △馬寄 6/0:03
101手 87% ▲桂打 0:20
 依然、際どい寄せ合いですが、
 先手にやや余裕が出てきたでしょうか

後手△豊島九段      先手▲藤井竜王

100手 87% △金打 AI:59馬
99手 82% ▲角引 0:22
98手 83% △馬出
97手 82% ▲飛6
96手 84% △馬寄
95手 84% ▲飛8 0:24
94手 83% △馬下 0:09 AI:22玉
93手 79% ▲8打
92手 80% △角成 12/0:10
91手 80% ▲飛上 0:25
90手 80% △角打
89手 79% ▲同金
88手 79% △香角交換 14/0:22
87手 79% ▲角打 4/0:26
86手 79% △香打
85手 79% ▲同飛
84手 79% △角成 17/0:36 AI:37角成
 勝負に出た豊島九段
 角を切っても香打で角を取り返せます
 しかし、▲85香打の反撃があります

後手△豊島九段      先手▲藤井竜王

83手 69% ▲銀打 22/0:30 AI:78玉
 複雑化 vs 容易化の攻防
82手 71% △角出 2/0:53
 角を攻防位置に、これは複雑化
81手 71% ▲同銀
80手 70% △銀金交換 12/0:55
79手 70% ▲銀引 10/0:52
78手 70% △銀突
77手 69% ▲同金
76手 69% △6成 1
75手 70% ▲銀引 1
 勝負形を作らせない藤井竜王
74手 70% △銀突 34/1:08
 なんとか勝負形を作りたい豊島九段
73手 66% ▲金寄 52/1:03 AI:73歩成
 悩んでいる時に出る「藤井の金寄」
 ただ、これが出た時は勝っています
 勝率は下がりましたが、局面は少し
 分かり易く(間違え難く)なったのでしょう
72手 76% △6垂 60/1:42 AI:55銀
 勝率は大きな差がついてしまいましたが、
 AI読み筋は際どい寄せ合いとなっています。
 △45銀 ▲同銀 △67歩成で
 先手玉はかなり危ない形になります。
 先手は間違えなければ1手差勝ちの確率76%
 みたいに受け止めておくのが良いのでしょう
71手 67% ▲同角 11/1:55
 藤井竜王は時間を使わされる展開
70手 69% △8叩 AI:63金
 ノータイムで叩き、豊島九段は
 66手で攻めを読み切ったでしょうか
69手 65% ▲同金 44/2:06
68手 65% △桂成
 AI揺れ始めました
 先手有利ながら、難解局面に突入の模様
 この二人は、これが最高の喜びなんでしょう
67手 65% ▲角出 31/2:50
 31分考えて、覚悟を決めて攻め合う藤井竜王
66手 65% △桂打 68/2:42 AI:86歩
 攻め合いで、先手が速い
 勝負手のようですが、手が広かったので、
 豊島九段は深く読むのに苦労したでしょうか

後手△豊島九段      先手▲藤井竜王

 昼食休憩
 ここは手が広そうです
 豊島九段の選択が流れを決めます

65手 52% ▲角打 26/3:21
 攻め味強い26角でなく、バランスの角打
 26分考えて、
 相手の手が広くなる流れを選んだ藤井竜王

64手 52% △銀直
 仕掛け以後、二人とも連続最善手
63手 51% ▲銀引
62手 50% △7叩
61手 50% ▲4突 6/3:47
 流れを少し変えるか迷ったでしょうか
60手 51% △角打
 ノータイムで最善角打なので
 豊島九段は知っている局面
59手 51% ▲同歩
58手 52% △桂跳 4/3:50
57手 52% ▲7突
56手 52% △桂払 1
55手 52% ▲7突
54手 52% △同歩
53手 52% ▲1突 1
52手 52% △4突
 どちらのシナリオでもない模様
 しかし二人とも経験済み局面
51手 52% ▲飛下段
50手 52% △謝歩
49手 52% ▲同飛
48手 52% △同歩
47手 52% ▲2突 2
46手 52% △銀引 1
45手 51% ▲桂跳 1
 ここで仕掛けた藤井竜王

後手△豊島九段      先手▲藤井竜王

44手 51% △腰掛銀 1
43手 50% ▲飛上 1
42手 51% △玉左
41手 51% ▲玉左
40手 51% △玉下
 待機合戦
39手 51% ▲玉下
 待機モードに付き合う藤井竜王
38手 51% △銀戻 1
 待機モードに入った豊島九段
37手 50% ▲6筋
36手 50% △腰掛銀
35手 50% ▲腰掛銀
34手 50% △1筋
 ここでいつもの形に合流
33手 50% ▲1筋
32手 50% △金直
31手 50% ▲飛下段
30手 51% △飛下段
29手 50% ▲金直
28手 50% △9筋
27手 50% ▲9筋
 いつもは1筋、今日は9筋
26手 51% △右桂
 マネッコ路線の豊島九段
25手 50% ▲右桂
24手 51% △銀上 1
23手 50% ▲玉左
 藤井竜王は端歩を突かない作戦でしょうか
22手 50% △6筋
21手 50% ▲銀上 1
20手 51% △玉左
19手 50% ▲4筋
18手 51% △銀直
17手 51% ▲3筋
 マネッコ
16手 51% △7筋 1
 端歩前に早めの7筋
 いつもとちょっと変えてきました
15手 51% ▲銀直
14手 51% △矢倉銀
13手 50% ▲金上 1
12手 51% △銀上
11手 51% ▲同銀
10手 51% △角交換
 角換わり
9手 51% ▲銀上
8手 51% △角道
7手 51% ▲角上
6手 51% △金上
 角換わりで承知しました
5手 51% ▲角道
 角換わりに誘いました
4手 51% △飛先
 いつもの最初の4手
3手 51% ▲飛先
2手 51% △飛先
1手 51% ▲飛先
 おはようございます!
 散髪した豊島九段

タイトルとURLをコピーしました